2013年09月27日

エリジウム

\xE3\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D\xE3\x82\x92荀\x8B\xE3\x81〠\x9Dャ\x81\x9F\xE3\x80\x82

筝\x96\xE7\x95\x8C筝ソx81勰\x87\x8E\xE9\x83\x8E\xE5\x85宴\x81勖\xB6\x99\xE3\x82\x92\xE6\x9E壔\x82\x8C\xE6\x9E\x9C\xE3\x81⓾\x81\x95\xE3\x81\x9B\xE3\x81\x9F\xE5\x82\x91篏\x9CSF\xE6\x98\xA0\xE7\x94祉\x80\x8C膃\xAC9\xE5\x9C医\x8C冴\x80\x8D\xE3\x81\x9Bg\x9Dc\x83\x8B\xE3\x83若\x83˨\x83祉\x83\x96\xE3\x83ソx83\xA0\xE3\x82˨\x83潟\x83\x97\xE3\x81勖\x9C\x80\xE6\x96遺\xBD\x9C\xE3\x80\x82

\xE7\x92医\xA2\x83\xE7\xA0翫\xA3\x8A\xE3\x81勖\x9E\x9C\xE3\x81⓾\x81̬\x8D\x92綮\x83\xE3\x81\x97\xE3\x82鴻\x83í\x83\xA0\xE5\x8C\x96\xE3\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE5\x9C亥\x90\x83\xE3\x82\x92\xE6\x8D\xA8\xE3\x81⓾\x81\x9F絲\x8C茖\x95絮ゃ\x81壔\x80\x81\xE3\x82鴻\x83\x9A\xE3\x83若\x82鴻\x82潟\x83ソx83\x8B\xE3\x83若\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D\xE3\x81̥Щ篏\x8F\xE3\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE3\x80\x82\xE5\x9C亥\x90\x83\xE3\x81\xAB罧\x8B\xE3\x81\x95\xE3\x82\x8C\xE3\x81\x9F\xE3\x81勉\x81「\x81\x8E\xE9\x85激\x81ɾ\x94\x9F羇祉\x81\xA8\xE5\x8A翫\x83\x8D\xE3\x82\x92綣激\x81\x84\xE3\x82\x89\xE3\x82\x8C\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B莢у\x9B医韻\xE3\x80\x82\xE3\x81\x9D\xE3\x81勉\x82鴻\x83í\x83\xA0\xE5\x8C\x96\xE3\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE5\x9C亥\x90\x83\xE3\x81у\x8A翫\x83\x8D\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE3\x83\x9E\xE3\x83\x83\xE3\x82壔\x82鴻\x81壔\x80\x81\xE3\x81\x82\xE3\x82\x8B\xE6\x97ュ\x8Bゃ\x82\x81\xE5\x85\x88\xE3\x81勐轡\xE5\xA0眼\x81ц\x87贋Z\xE9\x87\x8F\xE3\x81勖\x94上\xB0\x84膩\x9A\xE3\x82\x92羌眼\x81潟\x81⓾\x81\x97\xE3\x81障\x81\x84\xE3\x80\x81篏\x99\xE5\x91\xBD5\xE6\x97ャ\x81\xA8\xE3\x81ŝ\x81c\x81⓾\x81\x97\xE3\x81障\x81\x86\xE3\x80\x82\xE5\x8Aí\x81\x8B\xE3\x82\x8B\xE3\x81˨\x81壔\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D\xE3\x81˨\x81\x82\xE3\x82\x8B\xE3\x80\x81\xE3\x81\x82\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x86\xE3\x82\x8B\xE7\x97\x85羂\x97\xE3\x82\x92\xE3\x82\x82絎\x8C羃祉\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x97\xE3\x81障\x81\x86\xE3\x80\x8C\xE5\x8C紫\x99\x82\xE3\x83\x9D\xE3\x83\x83\xE3\x83\x89\xE3\x80\x8D\xE3\x82\x92篏帥\x81\x86\xE3\x81\x97\xE3\x81\x8B\xE3\x81ŝ\x81\x84\xE3\x80\x82\xE3\x83\x9E\xE3\x83\x83\xE3\x82壔\x82鴻\x81壔\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D羹\x9C\xE5\x85ャ\x82\x92\xE7\x94紫\xAD\x96\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE3\x83\x86\xE3\x83ソx83ŝ\x82鴻\x83\x88\xE9\x81\x94\xE3\x81\xAB\xE6・茹⓾\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x8C\xE2\x80⓾\x80\x82\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x84\xE3\x81\x86\xE7\x89ò\xAA\x9E\xE3\x80\x82腟区\xB3\x9B筝\x8A\xE6\x98\xA0筝ソx81ŝ\x81勉\x81ц¼\xE3\x81\x97\xE3\x81\x8F\xE3\x81壩\x9B吾\x81\x8D\xE3\x81障\x81\x9B\xE3\x82\x93\xE3\x81\x8C\xE3\x80\x81\xE9\x9D\x9E絽吾\x81̥\xB4\xA0\xE6\x99眼\x82\x89\xE3\x81\x97\xE3\x81\x84篏\x9C\xE5\x93\x81\xE3\x81с\x81\x97\xE3\x81\x9F鐚\x81

\xE3\x80\x8C膃\xAC9\xE5\x9C医\x8C冴\x80\x8D\xE3\x81у\x8D\x97\xE3\x82≪\x83\x95\xE3\x83ŝ\x82˨\x82\x92\xE8\x88\x9E\xE5m\x81˨\x80\x81\xE3\x82\xA8\xE3\x83\x93\xE5\x9E\x8B絎\x87絎\x99\xE9\x9Bf\xB0\x91\xE3\x81\xA8綏勐\x88ャ\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE5\x9C亥\x90\x83篋冴\x81\xA8\xE3\x81\x84\xE3\x81\x86綵≪\x81у\x8D\x97\xE3\x82≪\x83\x95\xE3\x83ŝ\x82˨\x81˨\x81\x8A\xE3\x81\x91\xE3\x82\x8B\xE3\x82≪\x83\x9A\xE3\x83˨\x83\x88\xE3\x83\x98\xE3\x82ゃ\x83\x88\xE3\x82\x92\xE6\x8F\x8F\xE3\x81\x84\xE3\x81\x9F\xE3\x83\x8B\xE3\x83若\x83˨\x83祉\x83\x96\xE3\x83ソx83\xA0\xE3\x82˨\x83潟\x83\x97(\xE5\x8D\x97\xE3\x82≪\x83\x95\xE3\x83ŝ\x82\xAB\xE5\x87肴昆)\xE3\x80\x82\xE3\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D\xE3\x81с\x81壔\x80\x81\xE7憜\x9C\xA8\xE3\x81勌\xB8\x96\xE7\x95\x8C\xE3\x81勐\xAF\x8C茖\x95絮ゃ\x81◑翁\xE5\x9B医韻\xE3\x81勖\xA0弱勲\xE5\x95馹\x8C\xE3\x80\x81\xE7\x89鴻\x81\xAB\xE5\x8C紫\x99\x82\xE5\x95馹\x8C\xE3\x82\x92\xE6\x8F\x8F\xE3\x81\x84\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE3\x80\x82
\xE7憜\xAE\x9F筝\x96\xE7\x95\x8C\xE3\x81勐\x95馹\x8C\xE3\x82\x92\xE3\x83\x9B\xE3\x83í\x83惹\x98\xA0\xE7\x94祉\x82\x84SF\xE6\x98\xA0\xE7\x94祉\x81\xA8\xE3\x81\x84\xE3\x81\x86綵≪\x81ф\x8F\x8F\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x8C\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x8C紊\x9A\xE3\x81\x84\xE3\x80\x82\xE3\x83\x8B\xE3\x83若\x83˨\x83祉\x83\x96\xE3\x83ソx83\xA0\xE3\x82˨\x83潟\x83\x97\xE3\x82\x82\xE7\x9C\x9F\xE3\x81e\x90\x91\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x89\xE7\x9C\x9F\xE6\x91壔\x81\xAB\xE5\x90\x91\xE3\x81\x8D\xE5\x90\x88\xE3\x81\x84\xE6\xA0弱勲\xE5\x95馹\x8C\xE3\x82\x92\xE6\x8F\x8F\xE3\x81\x84\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE3\x80\x82\xE7\x99糸\xA0岩査\xE7\x89í\x82\x82\xE3\x83\x96\xE3\x83í\x82吾\x83˩査\xE3\x82\x84\xE3\x83<\x82ソx82激\x82割査\xE3\x81ŝ\x81í\x81勐醜\xE8\x80\x85\xE3\x82\x92莎欠\x94\xA8\xE3\x81\x97\xE3\x80\x81綵\x93\xE7\x84区\xA8\x80茯\x9E\xE3\x82\x82紊\x9A\xE7\x94\xA8\xE3\x81с\x80\x81篋榊┏\xE3\x81\x8C羞桁\x9C\xA8\xE3\x81\x97\xE3\x81\x9F筝\x96\xE7\x95\x8C\xE3\x82\x92罕\x8B膀\x89\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE3\x80\x82絎\x9F\xE3\x81̹Ť紊ŝ\x81ɾ\x9Bg\x9Dc\x81\xA0\xE3\x80\x82\xE3\x81\x9D\xE3\x81\x97\xE3\x81☖\xBD\x95\xE3\x82\x88\xE3\x82\x8A綵若\x81\x8C篆♂\xA0若\x81\xAB\xE5\x80ゃ\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81勉\x81\x8C\xE3\x80\x81\xE7\x94激\x81勐\xAD\x90綽\x83\xE3\x82\x92薹我エ\xE3\x81帥\x81˨\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x80\x81\xE3\x81\x9D\xE3\x81勉\x83\x87\xE3\x82c\x83若\x83\x97\xE3\x81ŝ\x82ŝ\x82帥\x82「\xAD\x82\xE3\x81\xA0\xE3\x80\x82

\xE3\x80\x8C膃\xAC9\xE5\x9C医\x8C冴\x80\x8D\xE3\x81с\x82\xA8\xE3\x83\x93\xE5\x9E\x8B絎\x87絎\x99篋冴\x81\xA8\xE3\x82壔\x82阪\x85㋚\x8B\x99\xE5\x93<\x81\x86宴\x81\x84\xE5\x8F\x8B\xE6\x83\x85\xE3\x81\xA8\xE3\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x83\x89\xE3\x82鴻\x83若\x83\x84\xE3\x81◑\xBB\x8D\xE9\x9A\x8A\xE3\x81勉\x83\x90\xE3\x83\x88\xE3\x83˨\x82\x92絎\x8C\xE7\x92с\x81\xAB\xE6\x8F\x8F\xE3\x81\x84\xE3\x81⓾\x81帥\x81\x9B\xE3\x80\x81\xE6\x97ユ\x9C㋘\x82≪\x83\x8B\xE3\x83<\x83\x9E\xE3\x83\x8B\xE3\x82≪\x80\x81\xE6\x98\xA0\xE7\x94祉\x83\x9E\xE3\x83\x8B\xE3\x82∫\x81\x94\xE3\x82\x92\xE7\x86援\x8B\x82\xE3\x81\x95\xE3\x81\x9B\xE3\x81\x9F\xE3\x83\x96\xE3\x83ソx83\xA0\xE3\x82˨\x83潟\x83\x97\xE3\x80\x82\xE7\x89鴻\x81˨\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x83\x89\xE3\x82鴻\x83若\x83\x84\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x89\xE7\x99阪\xB0\x84\xE3\x81\x95\xE3\x82\x8C\xE3\x82\x8B\xE3\x83\x9F\xE3\x82泣\x82ゃ\x83˨\x81勐\xB5\x90\xE3\x81壔\x80\x81\xE3\x80\x8C莇\x85\xE6\x99\x82腥肴\xA6\x81紂\x9E\xE3\x83\x9E\xE3\x82壔\x83ソx82鴻\x80\x8D\xE3\x81勉\x83\x9F\xE3\x82泣\x82ゃ\x83\xAB\xE6\x8F\x8F\xE5\x86\x99(羲\x94\xE5\x87冴\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE6\x9D翠\x87\x8E筝\x80\xE9\x83\x8E\xE3\x81勐\x90\x8D\xE3\x82\x92\xE5\x8F\x96\xE3\x82\x8A\xE3\x80\x81\xE6\x9D翠\x87\x8E\xE3\x82泣\x83若\x82˨\x82鴻\x81\xA8\xE5\x91若\x81違\x82\x8C\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B)\xE3\x82\x92絎\x9F\xE5\x86\x99\xE3\x81у\x86\x8D\xE7憗\x81\x97\xE3\x81⓾\x81帥\x81\x9B\xE3\x81\x9F\xE3\x81勉\x81\xA0鐚\x81綺太陽\x82\x9D\xE3\x82\x92\xE6\x8A\x9C\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x8C\xE3\x81\x9F鐚\x81篁\x8A篏\x9C\xE3\x81с\x82\x82\xE3\x80\x81篏\x99\xE5\x91\xBD5\xE6\x97ャ\x81勉\x83\x9E\xE3\x83\x83\xE3\x82壔\x82鴻\x81勐識\xE3\x81c\x81\x9F荳˩\xBD\x93\xE3\x82\x92\xE3\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x83\x89\xE3\x82鴻\x83若\x83\x84\xE3\x82\x84\xE3\x80\x81\xE3\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D\xE3\x82\x92\xE3\x82㋘\x83若\x83\x89\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE8\x8D\x92\xE3\x81\x8F\xE3\x82\x8C\xE8\x80\x85\xE3\x82\x92\xE3\x83\x8B\xE3\x83潟\x82吾\x83i※\xE3\x81\xAB\xE6\x8F\x8F\xE3\x81\x84\xE3\x81⓾\x81帥\x81\x9B\xE3\x81\x9F\xE3\x82\x8A\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x80\x81\xE5\x83\x95\xE3\x81勉\x83\x8F\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x82\x92薹我エ\xE3\x81随\xBC\x81\xE3\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x83\x89\xE3\x82鴻\x83若\x83\x84罨蚊\x81\x97\xE3\x81\x84\xE3\x81ŝ\x81\x82鐚\x81\xE3\x82\x82\xE3\x81<\x82\x8D\xE3\x82\x93\xE3\x80\x81絎壕畿\xE3\x81ŝ\x81\x84篋坂\xBD\x93\xE7\xA0翫\xA3\x8A\xE6\x8F\x8F\xE5\x86\x99\xE3\x82\x82\xE5\x81ュ\x9CǍ\xBC\x81\xE6\x9C\x80蕭\x98\xE3\x81\xA0\xE3\x81\x9C鐚\x81

\xE7憜\xAE\x9F筝\x96\xE7\x95\x8C\xE3\x81ぞ篌\x9A\xE5\x95馹\x8C\xE3\x82\x92\xE6\x8F\x8F\xE3\x81鎈水\x8B≪\x81\xA8\xE3\x82ŝ\x82帥\x82「\xAD\x82\xE3\x82\x92\xE6\x8C\x81\xE3\x81≦\x90\x88\xE3\x82\x8F\xE3\x81\x9B\xE3\x81\x9F\xE3\x83\x8B\xE3\x83若\x83˨\x83祉\x83\x96\xE3\x83ソx83\xA0\xE3\x82˨\x83潟\x83\x97\xE3\x80\x82\xE5\x85\xA8\xE3\x81\x8F\xE3\x82\x82\xE3\x81c\x81〠B\xE3\x81\x97\xE3\x81\x8F\xE5\x84ŝ\x82\x8C\xE3\x81\x9F茵◐憠\x80\x85\xE3\x81\xA0\xE3\x80\x82 

\xE3\x80\x8C\xE3\x82\xA8\xE3\x83ŝ\x82吾\x82⓾\x83\xA0\xE3\x80\x8D\xE3\x80\x81綽\x85荀\x8B鐚\x81鐚\x81
posted by 善三 at 05:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月09日

38

38年前の今日、とある男が卵から孵りました。

ところで我が家のテレビとDVDが壊れて自宅映画祭が出来ません。大量に積み上がったビデオとDVDが泣いてます。どうすればビデオとDVDに笑顔が戻るのだろう。
posted by 善三 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月08日

ワールド・ウォーZ

「ワールド・ウォーZ」を見て来た。

ブラット・ピット製作、主演の製作費200億円の超大作ゾンビ映画。

映画史上最多は伊達じゃないゾンビの大群と人類の戦いの中心に、図らずも巻き込まれたブラピとその家族。ゾンビ発生の謎と対抗策を求めて、ブラピがゾンビが溢れる世界を駆け巡る。

近年流行りの全力疾走なうえに飛びかかって来るゾンビ、歩く死体、というよりは「28日後…」型の感染者に近い。実際、作中ブラピはゾンビという呼び名に懐疑的だった。そのゾンビが、まさにグンタイアリのように、これでもかこれでもか、と襲って来るさまは誠に恐ろしい。パレスチナの巨大な壁を途方もない数のゾンビが凄まじい速さで這い登り突破するシーンは圧巻だった。

登場人物も魅力的だし、飛行機内でのゾンビ襲撃シーンからの飛行機墜落など、全編にわたるスケールのデカい、ゾンビ映画とは思えないど迫力の連続に圧倒された。さすが製作費200億円!本来ゾンビ映画は低予算で作れるものだからね。「コリン LOVE OF THE DEAD」なんて製作費5800円!

しかし、だ。問題もある。ゾンビ映画にも関わらず、ゴアシーンが一切ない。人体破壊描写はもちろん、内臓もちぎれた腕も描写されない。それこそ血一滴も流れない。いや、血一滴くらい流れていたかもしれないけど全然印象に残ってない。ゾンビ映画ではまずあり得ない。PG13指定を回避するための処置らしい。ゴアシーンをカットしてまでわざわざPG13指定を回避したのは、おそらく、出来る限り多くの人に見て貰いたかったからだろう。それだけブラピはこのゾンビ映画を世界に広めたかったのかな。カットされたという噂の、ロシアでの対ゾンビ戦争シーンが見たかった。何せ、あまりの血みどろ描写がすぎてカットになったのだとか。見たかった!

世界興行収入が5億ドルだかを突破したとかで続編製作に動き出したらしい。3部作の噂まである。次回は是非、ゴアシーン満載の血みどろ超大作をお願いします!みんなゾンビ映画が好きなんだ!!
posted by 善三 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月03日

9月の始まり

8月が終り9月が始まった。暑い。8月と変わらない暑さ。僕は?…何も変わらない。変わらない日々が続くだけだ。変わらないなりにいろいろあった。9月もいろいろあるかな。
posted by 善三 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月22日

ホワイトハウス、陥落!

「ホワイトハウス・ダウン」を見て来た。


今年は「エンド・オブ・ホワイトハウス」、「ホワイトハウス・ダウン」とホワイトハウスがテロリストに占拠されぶっ壊される映画が立て続けに公開された。言わば「ホワイトハウス版ダイハード」だ。ご存知のように「〜版ダイハード」に目がない僕は両方ともに劇場に駆け付けた。


結論から言うと、「エンド・オブ・ホワイトハウス」の方が好きだったかな。「ホワイトハウス・ダウン」も充分面白かったんだけどね。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」で襲撃するのは北朝鮮テロリスト、「ホワイトハウス・ダウン」は国内の保守派と違いはあれど、やってることは一緒。それぞれ元大頭領警護のスペシャリストが、大頭領警護に落ちこぼれた議会警察官が、ドッカンドッカン爆破してバリバリ銃撃戦してビシバシ肉弾戦して…と「〜版ダイハード」のフォーマットを遵守する正しく楽しい作品になっている。「ホワイトハウス・ダウン」は更に議会警察官である主役と黒人大頭領であるジェイミー・フォックスの掛け合いをプラスし「リーサル・ウェポン」的バディ・ムービー要素を取り入れている。


「ホワイトハウス・ダウン」はローランド・エメリッヒが監督しているのだが、いまいち「ホワイトハウス」という舞台を上手く消化しきれていない、という印象を受けた。やっぱり今まで地球を何度も何度も破壊してきたエメリッヒにとってホワイトハウスは小さすぎたのかな。もっととことんホワイトハウスを破壊しまくるのかと予想していたのだけれど、意外に大人しくてちょっと拍子抜けした部分もあった。その点「エンド・オブ・ホワイトハウス」は戦闘機の襲撃シーンから始まり、北朝鮮テロリストたちの残忍で残虐ない攻撃と主人公ジェラルド・バトラーの容赦ない戦いは熱かった。ジェラルドの肉弾戦もさすがのキレだった。

「ホワイトハウス・ダウン」で黒人大頭領を演じたジェイミー・フォックスの軽妙さは良かった。主役との掛け合いももっと欲しかったかなあ。うーん、「ホワイトハウス・ダウン」も充分面白かったんだけどねえ。印象的なシーンとか、笑えるシーン、皮肉の効いたシーンもあったりしたんだけど。ちょっと惜しい作品。あ、いや、「エンド・オブ・ホワイトハウス」にもいろいろメチャクチャなシーンとかももちろんあったけど。


それにしても、だ。「ホワイトハウス版ダイハード」をやってしまったからなあ。次は「〜版ダイハード」が来るか。期待してますよ!ハリウッド!
posted by 善三 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月21日

パシフィック・リム

「パシフィック・リム」を見て来た。


傑作!間違いなく傑作!

ギレルモ・デル・トロ監督による巨大怪獣VS巨大ロボット映画。…この一文だけで傑作とわかるわけで、見る必要もないくらいなわけで、いやいや僕は何を言っているんだ支離滅裂だ見なきゃダメでしょ、というわけで見て来たのだが、もう興奮冷めやらないのですよ!ギャオー!!


突如現れた謎の巨大怪獣に立ち向かうべく人類は巨大ロボットを開発した……ああ、もうおしっこ漏れそうになる…。ウレションですよ、ウレション!

怪獣とロボットがドッカンドッカン殴りあって、必殺技ぶちこんで、大都市がドガーン!て破壊されて……いやー、もう、最高!!

「パシフィック・リム」を見て何とも思わない人とは仲良くなれませんな!というか、全人類が燃えないわけがない!断言する!面白くなかった、て人は明日から最低300回は「パシフィック・リム」を見ること!出直して来なさい!


それにしてもギレルモ・デル・トロはニクい人だ。今後巨大怪獣映画、巨大ロボット映画を製作するには、まず「パシフィック・リム」という途方もない傑作を越えなきゃいけなくなったのだ。相当困難な作業だ。…ええと、怪獣映画、ロボットアニメは日本の十八番の筈だったのだけれど…。ま、それはともかく。


闇市のドンを演じたロン・パールマン最高!ニヤニヤしっぱなしだった!

科学者二人もいい味出してたなあ。

菊地凛子は英語の台詞はともかく、何故日本語の台詞も棒読みだったのでしょう?おかっぱ頭は可愛いかったよ!


いやー、もう一回くらい劇場に見に行きたいな!皆さんも是非劇場でご覧くださいな!
posted by 善三 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月18日

ぐるぐる

ぐるぐるまわる。ぐるぐるまわる。ぐるぐるまわる。ぐるぐるまわる。


ふむ。なんか可愛い。


ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる……。まわってばっかりだ。同じところを同じ時間を。ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる……まわってばっかり。
posted by 善三 at 01:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月10日

許せない話

「パシフィック・リム」の公開が始まった。各所で絶賛の嵐!見たい!いや、絶対見る!というか皆さんも見ましょう、見ましょうよ!「パシフィック・リム」のヒット次第で、今後ハリウッドが巨大怪獣や巨大ロボットがガンガン大暴れする映画を製作する可能性が…!中国で大ヒットしているようで、早くも「パシフィック・リム」第2弾の噂が!噂を現実にするべく、みんな、劇場に駆け付けるんだ!


ところで、もう一本の期待の超大作ゾンビ映画「ワールド・ウォーZ」だが、非常に不愉快なことがある。なんと日本のCMでは「ゾンビ映画」だということが隠されている。「ゾンビ映画」と銘打つとマニアックな客しか来なくなってしまう、と宣伝屋が判断したらしい。まったく馬鹿げた話だ。CMではブラット・ピット主演の家族のサバイバルものかのように宣伝されている。CMを見た人に勘違いさせて映画館に来させようという悪どい発想だ。これでは詐欺ではないか。

先日公開された「オブリビオン」からは「SF」というフレーズが外され、「アフターアース」は監督「M・ナイト・シャマラン」の名前がほとんど宣伝されなかった。地上波で放送された「インディペンデス・デイ」もやはり「SF」は使用されず「アクション超大作」とアナウンスされていた。


まったく馬鹿げた話だ。
posted by 善三 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月31日

世界の終わり、あるいは始まり

僕はゾンビが人間に群がって貪り喰ったり、巨乳の金髪姉ちゃんがマスクを被った殺人鬼にぶっ殺されたり、巨大怪獣が大都市を徹底的に破壊したり、凶悪なイカ型宇宙人が大量殺戮兵器を引っ提げて襲撃して来たり、大地震や津波や噴火の天変地異で世界が滅んだり、文明崩壊後の荒廃した弱肉強食の世界を描いたりした作品が大好きだ。

8月、そんな僕にとって最重要な映画が公開される。「パシフィック・リム」と「ワールド・ウォーZ」だ。謎の巨大怪獣VS巨大ロボット。ゾンビ軍団VS人類。想像しただけで嬉しさのあまりおしっこ漏れそうだ。


今年ものんびり映画を劇場に見に行ける状況ではなくて、見なければならない映画を何本も見逃した。今も変わらない状況ではあるが、この2本は絶対に見逃してはならない。何がなんでも見に行く。


世界の崩壊と再生を目撃せよ!
posted by 善三 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

驚きの連続

7月も終わる。


なんだか忙しいんだか暇なんだかわからない日々を送っている。ブログを更新する気持ちの余裕はなかった。いつものように情緒は不安定で平常通りだ。


人生とは驚きの連続だ。10年前に今の自分の状況が予測出来たか?5年前には?3年前には?予測出来たか?まったく予測してなかった人生が続いている。人生とは驚きの連続だ。

まったく予期してなかったタイミングでまったく予期してなかったことを知る。まったく驚きの連続だ。


明日からまた、まったく予測してなかった人生が続いて行くのだろう。予測不能な、予期してなかった出来事の連続に、ただただ心底驚きながら生きて行こう。
posted by 善三 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記